靴がこわれたときって、その場で修理してもらえるの?

靴修理5

長く履いていると靴はいつかこわれてしまいますよね。皆さんはそんな時にどうしていますか?もう十分に履き古したのなら買い換えることも考えるでしょう。でも、お気に入りの靴だったり、とても高価なものだった場合にはなんとか修理したいものです。

「だけど靴を修理に出したことなんてないからよくわからない」という方も多いんじゃないでしょうか。そこで靴がこわれた時にどうしたらいいか、靴の修理について調べてみました。


靴のトラブルはさまざま

靴16

靴のトラブルで一番よくあるのが、かかとのゴムがすり減ってしまったというものです。紳士靴のかかとでも女性のヒールでも、一定期間靴を履いていると必ず起こることです。他にも、爪先の底や靴底全体が剥がれそうになったりすり減ったりした時も交換が必要になってきます。

また、靴底が減るのと同時に古くなってくるのが中敷やかかとの内側の部分です。ここが擦り切れてボロボロになってくると、居酒屋で靴を脱ぐ時などに恥ずかしい思いをすることになります。他には、ブーツのファスナーがこわれた時とか、本体の縫い目が破れたり、ひどい時は穴が開いたりということもあります。

女性だとヒールに巻いてある素材の交換や、サンダルのストラップや金具の修理などが必要になることも少なくないと思います。靴のこわれ方は千差万別なので一概には言えませんが、これらのトラブルのうちでもよくある簡単なものなら意外と手軽に修理できるものです。


スピーディーにその場で修理できる場合もある

では修理が必要になったときにはどうすれば良いでしょうか。一般的には、街や駅にある靴の修理屋さんに持っていくことになります。靴の修理屋さんは個人で営業しているところから、今や全国的にチェーン展開しているところまでその規模は様々です。

しかし、どこのお店を選んでも、よくあるかかとのゴムの張り替え程度であれば、その場で修理に取りかかってもらえることがほとんどです。また、中敷の修理も特殊な靴ではなく特に材質などにこだわったりすることがなければ、その場で修理してもらえます。

他にも、最近ではネットで依頼して引き取りに来てくれる靴の修理サービスなどもありますが、かかとの張り替え程度の簡単な修理であれば、送料負担や所要時間の面で、街の修理屋さんを選んだほうがいいでしょう。

よくあるかかとのゴムの張り替えの場合

もちろん店が混雑していなければという前提の話ですが、かかとのゴムの交換であれば、早いところでは10分ぐらいからやってくれます。特に女性のヒールの先端のゴムは小さい面積ですのでスピーディーにでき、料金もお手頃です。

これぐらいの時間であれば、履いて来た靴の修理でも店頭の椅子に腰掛けて待っていれば大丈夫ですね。ただし、注意しなければならないのは、かかとの減りが進んで靴の本体まですり減っているようなケースです。あまりすり減りが進行しているとかかと以外の部分の修理が必要になってくるために、10分や20分の時間で修理することはできません。

また、いくら簡単な修理の場合でもお客さんが立て込んでいる場合にはすぐに作業に取りかかってもらうことができません。その場合は一旦店を出て指定の時間に取りに来ることになります。ですので、簡単なトラブルでも、靴を修理に出す時にはできれば履いて来た靴を修理してもらうのではなく、別の靴を履いて来た方が良いと思います。

また、お店の人は最初に修理に必要な料金を教えてくれます。もし靴のダメージが自分が思っていたよりも進んでいた場合には、想定以上に費用が多くかかることもありますので、もとの靴の値段と修理料金を照らし合わせて、場合によっては修理をあきらめるという判断をすることも必要です。

なお、ゴムの張り替えの際にはできるだけ元の色と近いゴムが使用されますが、ぴったりした色のゴムが無かった場合には少し違う色のものが使用されることがあります。靴底の模様も変わってしまうのが普通ですので、その点も注意が必要です。

時間がかかるときはこんなとき

靴修理15

靴底全体の張り替えやかかとの内側のダメージ、本体の破れ、ファスナーや金具の交換などになると、お店に預けておいて後で取りに来るということが必要になってきます。適当なパーツが店頭にない時には取り寄せが必要になってきますし、また靴底全体の張り替えの場合は作業自体は短時間で済んでも、糊が乾くまでの時間が必要になってくるためです。

また、大手の修理屋さんでは難易度の高い修理は各店舗で行うのではなく自社の工場に送って修理をすることもありますので、その場合も時間が必要になります。こういった時間がかかる修理を行う場合は、よほど気に入った靴か、あるいは何らかの理由で履き始めてすぐにこわれてしまった時などでしょう。

その場合には、お気に入りの度合いとともに費用面や手間などについてもいろんな修理屋さんの情報を集めて考え合わせた上で、修理をするかどうかを決めたいものです。

他にも靴の修理屋さんではこんなサービスがある

修理とは言えませんが、靴の修理屋さんでは他のサービスを行ってくれるところもあります。そのひとつは、クリーニング。革靴や様々な素材でできた靴を特殊な洗剤で丸洗いしてくれるというものです。靴の外側は自分でも磨くことができますが、革靴の場合は内側の洗浄まではなかなかできないですよね。

もちろんブーツや汚れてしまったスニーカーの洗浄もできます。夏場に履く靴や長く履いている靴はやってみるのもいいかもしれません。ほかにも、老舗の靴の修理屋さんでは革靴のつま先の傷やこすれを綺麗にしたり、長年しまっておいた靴やブーツのカビを除去したりしてくれるところがあります。

また、革靴のサイズ調整をしたり靴の色を変えたりと、なかなかすごいことをやってくれるところもあります。

長く使うために修理も考えてみてはいかがでしょうか

靴は毎日使うものだから、いつもきれいで歩きやすい状態に保ちたいですよね。2〜3足の靴をずっと壊れるまで使う人も、たくさんの靴を順番に使う人も、靴を長持ちさせるためには気付いた時にこまめに手入れをすることが重要です。

そして、修理が必要なところが見つかった場合には、ダメージが大きくならないうちに修理をすることで、いいコンディションで長く履き続けることができるでしょう。それから、修理をする時には「靴底と中敷」や「2足の靴のかかとと中敷」というようにまとめて修理をすることで、少ない手間でたくさんの靴を良い状態に保つことができます。

あなたもいちどお気に入りの靴を総点検してみて、もし傷んでいたら修理に出してみませんか。